コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

後発品の薬価収載受け新製品発売―沢井3億、東和4億見込む(医療介護CBニュース)

 後発医薬品メーカー各社は5月28日、薬価基準収載を受けて新製品の発売を相次いで発表した。薬価収載品目数が最多だった沢井製薬は新製品の今年度の売上高を3億円、次に多かった東和薬品は4億円と予想している。

 沢井製薬の新製品は14成分17品目。主力品目としては、今回の薬価基準収載で最多の22品目の後発品が参入した緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト点眼液(先発品はファイザーのキサラタン)を挙げている。また、アレルギー性疾患治療剤セチリジン塩酸塩OD錠(グラクソ・スミスクラインと第一三共のジルテック)については、服薬コンプライアンスの向上のため、同一成分で初めてOD錠を開発した。

 東和薬品は13成分15品目を新発売。主要製品として、排尿障害改善剤タムスロシンOD錠(アステラスのハルナール)、前立腺がん治療剤ビカルタミド錠(アストラゼネカのカソデックス)、緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト点眼液、アレルギー性疾患治療剤エピナンDS小児用(日本ベーリンガーインゲルハイムのアレジオン)を挙げている。


【関連記事】
後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目
共同出資会社「日医工サノフィ・アベンティス」設立へ
初の国産バイオ後続品を新発売
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益

地域特化型高専賃を開始、訪問介護軸に都内から―メッセージ(医療介護CBニュース)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
首相進退「これから決める」=民主・小沢氏(時事通信)
<消費者委>リコール制度を調査 資料要求権行使へ(毎日新聞)
申込者数20.3%増に=国家II種試験(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。